So-net無料ブログ作成
検索選択

ビジュアル的な怖さがない【親指さがし】 [映画にドロップキック!!]

■ヒトコト感想
どことなくリングのようなホラーをイメージさせながらも、リングほどの恐怖感はない。親指さがしという遊びをきっかけとして事件が発生するのだが、その肝心な親指さがしにほとんど恐怖を感じることができない。そして、言葉的には「親指さがし」というのはなんだか恐ろしいことのように感じるが、実際に親指がない手に肩を叩かれたからといって、それほど恐ろしい映像とはならない。物語半ばにしてオチが予想でき、それを最後まで引っ張るだけのパワーもなかった。なんだかものすごく中途半端な印象しか残っていない。

ストーリー

12歳の少年少女6人は、廃屋となったホテルの屋上で“親指さがし”を始める。それは6人が円になって手をつなぎ、最後の呪文をとなえたら手を振り下ろす。するとそれぞれの意識は見知らぬ部屋にたどりつき、そこで親指を探すというゲームだ。「私が帰って来られなくなったらどうする?」と言う由美子に武は「僕が探すよ」と約束する。そして本当に由美子は悲鳴とともに消えた…。8年後、同窓会で再会した5人。武は行方不明の由美子のことが忘れられず、4人に「もう1度、親ゆびさがしをしてほしい」と頼む。ところがその日から、次々と仲間が死んでゆくのだった…。

続きを読む

 

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 1

過去最高記録更新中!何もしないでなぜ儲かる!?秘密の方法を限定公開中。今すぐクリック!

ちょっとしたことに気づくだけで、あなたの月収は最大2倍になります。公開期間を限定しておりますので、今すぐチェックしてください
by 過去最高記録更新中!何もしないでなぜ儲かる!?秘密の方法を限定公開中。今すぐクリック! (2010-05-04 15:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。