So-net無料ブログ作成

終末を待つ人々の生活【終末のフール】 [書籍にドロップキック!!]

終末のフール (集英社文庫)

終末のフール (集英社文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/06/26
  • メディア: 文庫

 

■ヒトコト感想
八年後にこの世が終わるとなったら、人はどうするのだろうか。その答えが本作に描かれているとは思わないが、変に納得できる何かがある。作者のキャラクターはマイペースで周りに流されることはない。そのキャラクターがそのまま終末が近づくにつれて、自分たちの思うがままに行動する。パニックになる時期を過ぎ、終末が近づくと悩むことはある。死が近づいたからこその悩みもあれば、そうでない悩みもある。物語のトーンが変われば、宗教的な香りがしてくる危険性もある。そこは、作者独特のキャラクターたちが、軽いタッチで終末へむかう日々を過ごしている。共感はできないが、全てに絶望し、悟りを開いたような状態になれば、こうなるのかもしれない。

■ストーリー

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

ta23358

タイトルに惹かれてふらっと覗き見ました。
Amazonでも評価は高いようなので少し頭の片隅に置いておこうかな。
by ta23358 (2009-09-24 13:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。