So-net無料ブログ作成

不可解な誘拐事件の目的は?【誘拐の果実 上】 [書籍にドロップキック!!]

誘拐の果実 (上) (集英社文庫)

誘拐の果実 (上) (集英社文庫)

  • 作者: 真保 裕一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/11/18
  • メディア: 文庫

 

■ヒトコト感想
2つの誘拐事件がそれぞれの目的に合わせたように、タイミングよく発生する。誘拐されたのが17歳の少女であり、19歳の青年であれば否が応でもある一つのパターンを想像してしまう。それは狂言誘拐なのではないかということだ。上巻ということもあり、誘拐事件の全容は明らかにはならない。ただ、普通の誘拐事件ではなく、何か大きな裏がありそうな匂いはただよってくる。あっさりと狂言誘拐というオチにするにしても、不可解な部分がある。先が見えない事件なだけに、読んでいる間中、新たな真実が明らかになるにつれ、より熱中度が高まってくる。人質を救出するための病院内での極秘作戦の場面では、かなり緊迫した雰囲気があり、さらには失敗するパターンもあるのでは、と勝手に想像してしまった。本作は当たり前の結末にはならないような気がする。

■ストーリー

病院長の孫娘が誘拐された。犯人からは、人質の黒髪と、前代未聞の要求が突きつけられる。身代金代わりに、入院中の患者を殺せ、というのだ。しかもその人物は、病院のスポンサーでもあり、政財界を巻き込んだ疑獄事件で裁判を待つ被告人だった。悩む家族、後手に回る警察。人質救出の極秘作戦が病院内で幕を開ける。そこに第二の事件が―。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。