So-net無料ブログ作成

奇妙な夢の恐ろしさ【夢違】 [書籍にドロップキック!!]

夢違

夢違

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/11/12
  • メディア: 単行本

■ヒトコト感想
夢を記録として残せる世界。そして、予知夢を見る女、結衣子。まず冒頭から、子供たちが狂乱におちいった原因を調査するあたりが恐ろしい。子どもたちは何に恐怖したのか。夢を解析することで、しだいにその正体が明らかになってくるのだが…。人の夢を解析し、モヤモヤとした恐怖の元凶をさぐりだそうとする。何が起きているかわからないが、恐ろしいという感覚を本作は味あわせてくれる。人の想像力の恐ろしさをたくみに扱うように、物語は、そのものズバリをはっきり描くことなく、恐怖感だけをあおっている。この手法は、作者の作品い多くみられるが、本作もまたすばらしい出来栄えとなっている。恐怖の元凶を探す旅は、はっきりとした正体が見えないまま終わっている。

■ストーリー

夢を映像として記録し、デジタル化した「夢札」。夢を解析する「夢判断」を職業とする浩章は、亡くなったはずの女の影に悩まされていた。予知夢を見る女、結衣子。俺は幽霊を視ているのだろうか?そんな折、浩章のもとに奇妙な依頼が舞い込む。各地の小学校で頻発する集団白昼夢。狂乱に陥った子供たちの「夢札」を視た浩章は、そこにある符合を見出す。悪夢を変えることはできるのか。夢の源を追い、奈良・吉野に向かった浩章を待っていたものは―。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

職務履歴書

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by 職務履歴書 (2012-08-24 11:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。