So-net無料ブログ作成
検索選択

ホームズ好きはどうぞ 【バスカビル家の犬】 [書籍にドロップキック!!]

バスカビル家の犬 痛快世界の冒険文学 (24)

バスカビル家の犬 痛快世界の冒険文学 (24)

バスカヴィル家の犬 [ コナン・ドイル ]

 

■ヒトコト感想
コナン・ドイル原作のシャーロックホームズシリーズのひとつを原作とした作品。原作は未読。そのため新鮮な気持ちで読むことができた。バスカビル家に存在する伝説。そして伝説のとおりに殺される者。ポイントは伝説の魔犬が存在するかどうかだ。ワトソンが最初に現場に乗り込み、調査し、報告をホームズへ行う。そこでホームズが最後にずばりと謎解きをする。

昔からあるミステリーの定番としての流れではある。魔犬や底なし沼など、ミステリアスな要素は多数ある。伝説で終わらせる展開ではなく、科学的なオチをしっかりとつけている。ラストの解明に向けての流れは非常にハラハラしながら読むことができ、子供のころに読んだホームズシリーズを思い出した

■ストーリー

英国中部の荒野に建つバスカビル家の館。当主のチャールズ卿が不可解な死を遂げた現場には、巨大な犬の足跡が残されていた。その死の真相を探るのは、ロンドン・ベーカー街に住む、S・ホームズ。この沈着冷静な名探偵が僚友ワトスン博士と共に、魔犬伝説の謎を解く

続きを読む

作家別おすすめランキング

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。