So-net無料ブログ作成
検索選択

感情移入できれば泣ける 【陽だまりの彼女】 [映画にドロップキック!!]

陽だまりの彼女 スタンダード・エディションDVD [ 松本潤 ]

 

■ヒトコト感想
原作は未読。恐らく原作を読めば感動したであろう内容だ。初恋の人と社会人となって再会し、素敵な恋愛関係となるのだが、彼女には大きな秘密があった…。この秘密がかなり肝だ。正直、中盤まではありきたりな恋愛映画でしかないと思った。特別な要素はなく、ライバルの男や彼女の親に若干反対されるなど、お決まりの困難が待ち受けている。

ただ、後半となり彼女の秘密がうっすらと明らかになると…。ラストの場面では泣ける要素が目白押しだ。浩介がいなくなった真緒を探す場面で、微かに残る記憶から他の人に真緒のことを聞いて回る。なんとも泣ける場面だ。小説として読んでいれば泣けただろう。映像としては、最初のありきたりな印象を拭い去るのは難しい。

■ストーリー

中学時代に出会い、初恋に落ちた浩介と真緒。その後二人は離れ離れになってしまうが、ある日仕事先で10年ぶりに再会する。真緒はかつてイジメられっ子だったが、今は美しくて仕事のできる素敵な女性になっていた。そんな彼女に浩介は再び恋をするが、彼女には誰にも知られてはいけない“不思議な秘密"があった……。

続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。