So-net無料ブログ作成
検索選択
漫画にドロップキック!! ブログトップ

少年が凶行に手を染めた理由【血の味】 [漫画にドロップキック!!]

血の味 (新潮文庫)

血の味 (新潮文庫)

■ヒトコト感想
純文学だがミステリー的な面白さがある。冒頭から衝撃的な告白があり、中学時代にいったい誰を殺したのか?というのが、回想形式で語られる。退屈な日々を過ごす中学生が、どんな経緯で凶行へと走ったのか。常に何かに不満を持ち、それを解決しようとしない。ありがちなドロップアウトしかけた中学生だ。

父親と二人暮らしで、目立った素行不良はない。ただ、言いようのないイライラのはけ口を求め、日々を彷徨うといった感じだろうか。現在の描写から過去につながる過程で、刺殺した相手に対するヒントがでてくる。それをそのまま鵜呑みにすると、ラストには大きな驚きが待っている。家族のあり方や、突然の殺意の意味を考えさせられる作品だ。

■ストーリー

「中学三年の冬、私は人を殺した」。二十年後の「私」は、忌まわしい事件の動機を振り返る――熱中した走幅跳びもやめてしまい、退屈な受験勉強の日々。不機嫌な教師、いきり立つ同級生、何も喋らずに本ばかり読んでいる父。周囲の空虚さに耐えきれない私は、いつもポケットにナイフを忍ばせていた……。「殺意」の裏に漂う少年期特有の苛立ちと哀しみを描き、波紋を呼んだ初の長編小説

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

JFKを連想するか?【エンドゲーム/大統領最後の日】 [漫画にドロップキック!!]

 

■ヒトコト感想
大統領最後の日という言葉どおり、大統領の暗殺からスタートする。犯人はあっさりと射殺され、真犯人を探すというのが本作の流れだ。お決まりどおり、何か大きな陰謀が隠されているのか、という雰囲気がある。CIA、もしくはFBIの陰謀か?なんてことは結構ありきたりなので目新しくない。マスコミが発見した様々な手がかりをもった人物たちが、次々と始末されていくのもよくあるパターンだ。最終的には影で操っていた人物が明らかとなるのだが、特別な衝撃をうけることはない。なんだかすべてがどこかにありそうなものを切り張りしたような印象しかない。大統領の警護をしていたSPが大統領を守れなかったことに苦悩しながら秘密を探ろうとする。とことんありきたりすぎる。

ストーリー

大観衆が詰め掛けたパレードにて大統領が暗殺され、犯人も警護隊によって射殺されるという事件が発生。この巨大な陰謀の影にはホワイトハウス、FBI、CIAというあらゆる政府機関が絡んでいた…。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

弱視と殺人者の奇妙な同棲生活【暗いところで待ち合わせ】 [漫画にドロップキック!!]

■ヒトコト感想
視力をなくした一人暮らしの女の子の部屋に住み着いた殺人犯。こんなテーマを乙一が書けばそうとう心和む作品が出来上がるのだろうとかなり期待していた。実際期待通りの作品だった。目が見えないミチルと逃げ込んだアキヒロ。かすかな気配を感じながらそこには誰もいないような振る舞いをするミチルと日常のちょっとした危険からミチルを救うアキヒロ。お互い相手を空気のような存在だと認識しながらどこか気にして生活をする。心温まる場面が多数登場するのだが、期待が大きかったせいかもっと衝撃的な出来事や、もっと心が和むようなエピソードが登場するかと思っていた。期待が大きかっただけに評価のハードルも高くなってしまった。

ストーリー

視力をなくし、独り静かに暮らすミチル。職場の人間関係に悩むアキヒロ。駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた。犯人として追われるアキヒロは、ミチルの家へ逃げ込み、居間の隅にうずくまる。他人の気配に怯えるミチルは、身を守るため、知らない振りをしようと決める。奇妙な同棲生活が始まった―。

続きを読む

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

ダラダラと続く【オールドボーイ ルーズ戦記】 [漫画にドロップキック!!]

■ヒトコト感想
映画を見る前に、まずは原作である漫画を読んでみようーという気持ちで読んだ。
前半は謎が深まるばかりで、なぜ?どうして?という気持ちが高まり
ミステリーとしても秀逸だ。
しかし後半から一転してダラダラと間延びしている感がある。
もしかしたら作者は終わらせたかったが、無理矢理伸ばされたとか?
もしくはオチにたどり着けなかったからか?

ストーリー
謎の軟禁施設7.5階に10年間幽閉された男が、見えざる敵を追う!!
俺は誰かに恨まれていたのか?なぜ俺が監禁されるのか?
復讐心と探求心から体を鍛え、自分を監禁した相手を捜すが、
そこには数々の罠が張り巡らされていた・・・

■感想
見やすい絵ではないが、ストーリーにマッチしているようで良い。
前半部分(単行本だと3巻くらい)までは謎が小出しにされており
相手組織の全容も把握できなかったので、かなりミステリアス
面白いのだが、後半になって途端にグダグダと長く感じた。

特に監禁した相手がはっきりしてからは、その動機の解明に奔走するのだが、
あまりに動機探しが長ったらしく、さらに後からドンドンキャラを出して、
なんとか物語を面白くしようと必死なのが伺える。
どうしても後付けの感は否めない。

恐らく原作者は最初にストーリーの大まかな流れを決めていたと思うが、
連載していくうちに人気がでたので編集サイドから無理矢理伸ばすように
言われたのか(ドラゴンボール方式ね)もしくは、単純にオチまでなかなか
たどり着けなかったのか、まあどちらにせよ、読んでいてすんなり予定通りに
進んだとは思えなかった。

続きを読む

 


待望の6巻がでたが・・【ドロヘドロ6】 [漫画にドロップキック!!]

4ヶ月前に衝撃的な出会いをし、そこで一気に5巻まで買いそろえ
一気読みをしてしまった作品。
あのころは続きが見たくて見たくてし方がなかったが、その情熱もいつの間にか
さめてしまい、気が付けば待望の6巻が発売していた。

1~5巻をそろえるにはいろいろと苦労しあちこちの本屋を探し回って
なんとか見つけることができたが今回は発売日ってことですぐに買うことができた。
いくらマニアックな物でも発売日となると目立つところに陳列されている。

相変わらず値段はボリュームの割に高いが(900円)その大半はきらきら光る
手の込んだ表紙につぎ込まれているのだろう。

なんだかんだ言ってもいざ読むとなると楽しみで、期待を裏切らないドロヘドロ節
炸裂してくれている。しかし悲しいことに僕自身のテンションが微妙に下がっているのか昔ほどのめり込むような感じにはなれない。
グロさもギャグの切れもそれほど変わっていないと思うのに・・・
謎的なものもさることながら一番はやっぱりあの雰囲気かもしれない、何とも言えない
独特な雰囲気とスプラッターな描写が多々あるがそれがとても自然だ。

もっと続く

 

 


現代医療マンガのパイオニア【ブラックジャックによろしく】 [漫画にドロップキック!!]

久しぶりに読み直してみました。
テツです。

連載当初から気になっていて、立ち読みをちょくちょく
していたが、確か4巻くらいまで発売された時に
買ってしまった。

現在も、とりあえずは買い続けているが、初期のエピソード
かなり好感が持てるいい話だと思うが・・・
後半、特にガン編のあたりでは途中で方針が変わっているのか
わからないが、何となく話の方向がちょくちょく変わっている
ような気がしてならない。
僕は途中でダレてしまったが、それは飽きっぽいから??
何となくだけど、1つのエピソードは単行本一巻分に収まるくらいが
ちょうどういいんではないかと・・

今現在進行中のテーマもなかなか難しく、扱いづらいだろうけど
よく連載していると思う。
何かと今までタブー視されていたことだけに、それを扱っていると
社会情勢、特に何か事件が起こると途端にしぼんじゃいそうなのが
気になるところ。

過去にも、ある抗ガン剤をあつかったところ、副作用が苦しいという
描写を続けていたのに、ある時を境に突然その抗ガン剤を擁護
したりと、コロコロ方針が変わってしまうところもある。
おそらく、実商品名を使っていたのでクレームが来たのだろう。

研修医を実際の読者と同等に見立てて、彼に対する問いかけを
読者にもしているようなんだけど・・
それが本作の良さでもあるし、悪いところでもあるような気がする。
それは何故かと考えると、やっぱり回答が曖昧であり、必ずしも
正しいとは限らない、きれい事を並べているように思えるから
かもしれない。

 


見逃すな!【ドロヘドロ】 [漫画にドロップキック!!]

知られざる名作探ししてます。
テツです。

衝撃を受けた。
最初、某ビレッジなんちゃらで立ち読みができるように
なっていて、そこで読んだ時かなり衝撃を受けました。
その時はちょっといろいろあって買えなくて、まあ後日
買えばいいかなーって気軽に思っていたら甘かった・・

早く読みたかったから普通に本屋で買おうとしたら
売ってません!!
結構デカめな本屋にもありません!!

紀伊国屋に行ってやっと2、3巻がある程度で
さすがに途中から買うわけにもいかず、モヤモヤしたまま
一週間すごしました。
で、結局は1から3巻はいろいろ探し本屋で買うことができ
4,5はアマゾンで買いました。

なかなか手に入らなかった物を手に入れると少し贔屓目
見てしまうというのはあるかもしれないけど、かなり面白い
オススメです。

ぱっと見はグロかったりして敬遠されがちだけど実は
内容的には、ところどころにギャグがちりばめられていて
読んでいくうちにグロさも気にならなくなる。
世界観がちゃんと確立されていてアイデアも良く
なんとなくジョジョスタンドハンターハンターの
念に似た感じの魔法のシステムもこれから
いろいろと応用が利きそうな漫画だと思った。

あと、雰囲気がすごい良いと思う。
デザインも全体的に好きだし、出てくるキャラのファッション
いい感じだと思う。

まあ、基本的にマニアックだとは思うから万人にオススメ
できるかというと疑問だけど・・・
僕の中では今年一番のヒット作かもしれない。

普段マンガを買うのはありえないんだけど、これは衝動的に
買ってしまいました。

 ドロヘドロ オススメ度
ジョジョ好きな方 :★★★★★★★★★
グロいのOKな方 :★★★★★★★★☆
餃子好きな方   :★★★★★★☆


漫画にドロップキック!! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。