So-net無料ブログ作成
検索選択

速読ネタ その2 [速読]


速読習得ソフト??として一部で有名らしいSRRというのを使おうと思い
とりあえず体験版をダウンロードしてみた。
それを使うにあたって、とりあえず開発者の速読理論を分かっておいたほうが
良いと思い。開発者が書いた本を買ってみた。
もちろんアマゾンで買ったんだけど、それが先日届いた。

アマゾンで注文すると、内容を見ることなく表紙だけで判断しなければならず
いままではそれでも気にせずに買っていたが、今回はもしかしたら失敗したかもしれない。

届いた本は見るからに小学生向けな感じで文字が大きく、1ページの紙の厚さが厚い。
自分の中ではもっと大人向けのものかと思っていたがかなり肩すかしを食らった感じだ。

まだ実際に読んでいないので何とも言えないが、かなりがっかりしている。

今回のことでアマゾンで注文することへの危険性を感た。
多少なりとも中身を知って買わないとまずい、いくらレビューがあるといっても
それだけでは分からないこともあるし・・・・。

普通の本屋でなかなか見つからない場合にアマゾンで注文するんだけど
便利な反面それだけリスクはあるんだね。

あと、送料も計算すると割高になるからまとめて買わないとってことも
今回学習した。(1500円以上は送料無料だから)

 


速読ネタ [速読]

前回いろいろと調べ、とりあえず有名どころのパンフレットを請求して
あとは、体験版のソフトを作っているところからソフトをダウンロードして
使ってみようという感じだ。

早速届いたパンフレットを見るといろいろと興味をそそられるようなことが
書かれていて、まあ営業用なのでいいところばっかり書くんだろうから
その辺は注意しないといけない。

気になった点は練習中の写真が載っていたがそれは全て姿勢を正しくして
正面を向いてやっているような感じだった。
僕のイメージでは普通に本を読むような感じでできるのかと思ったが、
かしこまらないとできないとなると興味は半減してしまう。
練習中だからかもしれないが・・・・

もう一方の体験版の方はまだ手をつけていない。

いろいろとネットで調べるといきなり教室に入ったりするよりも自分がその方式に合うかどうか
があるので、とりあえず教室の主催者が出している本を読んでみるのがいいという。

ってことで体験版を作った人の本をアマゾン注文してみた。
それはまた次の機会にレビューをすると思う。

なんか早くも興味がうせつつあるので、ヤバ目だ。

 


速読ってどうなんだろう? [速読]

本を読む機会は沢山ある。割と自分では読むのは早いと思っていたがそれは
普通のレベルと比べたらというだけで、速読をやっている人にとっては
全然レベルが違うらしい。

なぜ僕が速読に興味をもったかというと、仕事柄情報収集は重要なことであり
今のこの溢れる情報社会の中で何が必要で何が不必要かを自分で判別し必要な情報だけを収集しなければならない。

その中で今の30倍早く情報収集することができれば、それだけ時間短縮にもなり情報収集の効率もよくなると思ったからだ。

一昔前に僕が見た速読の特集だと、ページをパラパラとめくりながらそれを何回か繰り返すと内容が頭に入っているというものだった。
正直それを見た時はまったく信じられずに、「どうせ、やらせだろう」と思っていた。
だってホントにパラパラとめくっているといのではなく、暑い時にウチワ代わりに風を送るような感じでページをめくっているようだったからだ。
さすがにそれだと文字が読めないだろう?と思った。

さて、それだけうさんくさいと思いながらも何故やろうと思ったかというと、身近に実演者がいてそれが僕が見た特集の読み方とはまったく違うやり方で完全に本の内容を理解していたからだ。

どうやっていたかというと、ページは手でめくるがその早さが尋常ではなく、でもまあページ全体はざっと眺めているのは分かる早さだった。これだと全ての文字を目に焼き付けることはできるので読んでいると言われればそうかもしれないと思ってしまう。

まだ半信半疑なのだが、それならば自分でやってみようと行動を起こそうとしている。
何をやるにしても瞬発力が大事だね。思ったらすぐ行動することでかなりスピードアップができる。ってことで早速いくつかの教室資料請求をして、ネットでもいろいろと調べ中である。

その後の報告は随時このブログで行っていこうと思う。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。